離煙パイプで禁煙できる、その仕組みとは

タバコによる健康被害が明らかになり、度重なるタバコ税増税による値上げの影響で、喫煙人口は一貫して減少し続けています。かつては男性に限ってみても、成人男性の過半数を超える人が喫煙していた時代もありましたが現在ではすっかり愛煙家は減少し、割合的には少数派に転落しています。身体にも悪い、値段はあがる一方などの喫煙を巡る環境は厳しくなるにつれて、禁煙に向き合う方は増加してきました。しかし禁煙に成功する確率は高いものではなく、たいていの人は失敗経験を体験して、数回のトライアルで禁煙に成功しているのが大半です。

なかには禁煙を諦めているという方も。事ほど左様に禁煙を難しくしているのは、体内のニコチンが減少することによる離脱症状の課題です。離煙パイプは、このような禁煙に伴う離脱症状などを軽減し、タバコを吸いながら自然に禁煙に成功するというアイテムのことです。1番から31番までの番号が振られた、ニコチン排除フィルターつきのパイプをタバコに装着して使用します。

禁煙というと、タバコを吸わないことが当然の前提とされてきましたが、タバコを我慢する必要がないのがメリットといえます。1日おきに次の番号の離煙パイプに乗り越えていきますが、どこまで継続すれば禁煙に成功するかは個人差があり、一月程度で成功することもあれば2回り継続することが必要な方もいます。1本の離煙パイプですえる本数に制限はなく、丸洗いが可能で使い捨てではないので基本的に1キット分のコストですむのもメリットと意識されているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です