離煙パイプによる禁煙の方法について

離煙パイプとは、いつものようにタバコを吸いながら禁煙を成功させることのできる新しい禁煙グッズです。31本のパイプで構成されたセット商品になっていて、パイプにはそれぞれ1から31までの番号がふられています。使用方法は、今現在吸っている自分のタバコにパイプを取り付けてタバコを吸い、毎日パイプを変えていきます。1日にタバコを吸う本数には特に制限はありませんが、パイプを変える時には必ず番号が順番に増えていくようにすることが重要です。

今までの禁煙方法とは異なり、タバコを吸うことを我慢しなくてもよいこと、香料や薬剤などが一切使用されていないことなどが大きなメリットで、病院に行かなくても百貨店やドラッグストアで簡単に手に入れられることも人気の秘訣となっています。離煙パイプで禁煙ができる理由は、パイプを変えていくたびに、前日よりも約3%ほどニコチンの摂取量を減らしていけるしくみになっていることです。ニコチンが減ってしまう量は毎日ごく僅かであるため、タバコの味や香りが一気に変化することもなく、大きなストレスを感じないようになっています。また離煙パイプを使用しているうちに、今までの喫煙によって体内に残留していたニコチンが徐々に減少していくため、タバコが吸いたくなる気持ちや頻度が少なくなっていきます。

禁煙の成功確率は約9割となっていて、いままでの禁煙方法では失敗していた人でも初めて完全禁煙をすることができたと好評です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です