離煙パイプで禁煙が成功するポイント

普段の生活でタバコを吸う人は男女ともに多くいますが、やはり健康面を考えると辞めたいとい考えている人も多いです。ただしタバコはなかなか禁煙することが難しく、辞めたくても辞められないと悩む人もいます。タバコはニコチンが含まれており、ニコチン依存症になっている事で辞める事が難しいのが原因の1つです。実際に様々な禁煙方法はありますが、その中でもストレスなく禁煙が行える方法として離煙パイプの利用があります。

離煙パイプの特徴として、1番から31番まで番号がついたパイプを使用します。禁煙1日目は1番と書かれたパイプをタバコに設置して、いつもと同じようにタバコを吸うだけです。2日になれば2番のパイプを使用し、日が経過するごとに使用する離煙パイプを変えていきます。パイプ自体はニコチンをカットするしく身になっており、1日目はごく少量のニコチンが自然とカットされている状態でタバコを吸います。

2日目のパイプは1日目よりも多くのニコチンをカットしていき、徐々に使用する番号が増える事にニコチンをカットする量も増えます。これによって毎日同じようにタバコを吸っているつもりでも、摂取しているニコチンの量は確実に制限されている仕組みです。体はニコチン依存症になっているのでニコチンを求めますが、毎日同じように吸いながら摂取するニコチンは少なくなります。そうすることで体の依存症も自然と改善されていき、31日目はほとんどニコチンを摂取してない状態までいくのでタバコをやめる事ができる仕組みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です