離煙パイプのメリット

グッズを使わずにただ我慢して煙草をやめられるかもしれません。ですが、その場合の禁煙成功率は低いです。強い意志がなければ成功しないでしょう。離煙パイプを活用した人の禁煙成功率は高く、9割の人が成功すると言われています。

香料が入った口寂しさを紛らわせるパイプもありますが、それはニコチン依存症を解消するものではありません。離煙パイプのセットには1から31まで番号がふられた専用のパイプが入っています。順番に使用して、少しずつ摂取するニコチンの量を下げていきます。このため、着実にニコチン依存症から抜け出すことができます。

電子タバコと呼ばれる、煙ではなく蒸気を吸引するものもあります。そのメリットは多いですが、月々3、000円から5、000円のランニングコストがかかってきます。離煙パイプならランニングコストはかかりません。ガムやパッチでイライラなどの症状を抑えて禁煙する方法もあります。

ですが、煙草とガムやパッチを併用すると、頭痛や胸のむかつき、めまいなど副作用が生じるかもしれません。妊娠また授乳中の人や何らかの持病がある人は使用できないということです。コストも10、000円~43、000円くらいと結構かかってきます。離煙パイプならそのようなことはありません。

離煙パイプのメリットはまだあります。香料や薬剤が入っていないこともメリットでしょう。空気の流入量でニコチンの摂取量をコントロールするものになります。離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です