禁煙を成功させる離煙パイプとは

禁煙しようとしても失敗してしまう、というケースはよくあります。失敗する原因は様々で、ニコチン中毒になっているほか、朝を来たらタバコを吸う、コーヒーなどと一緒に吸ってしまうなど生活習慣のなかにタバコが組み込まれているためです。これを心理的依存といい、タバコを吸うとリラックスできるというのはニコチンの症状を意外にも、心理的な要素が大きく関わってきます。ニコチンを減らして徐々に生活習慣も変えていくのに役立つのが、離煙パイプになります。

離煙パイプは31本で1セットになっていて、通常のタバコにパイプを取り付けることによって摂取するニコチン量を1日約3%減らしていくことで、ニコチンを必要としない状態に体を戻していくというアイテムです。離煙パイプは香料や薬剤などを使っておらず、空気の流出量だけでニコチン量をコントロールしています。パイプにはミクロの穴が加工されていて、パイプを変えることによってニコチン量を減らします。また、タールをカットする特殊構造にもなっているため、タバコを普通に吸うよりも体への負担が減っているというのも嬉しいポイントと言えます。

使い方は簡単で、ナンバーを振られたパイプを毎日順番に付け替えるだけで良いとされています。数本数に制限はなく、毎日徐々に摂取するニコチン量を変えられるのです。最後の31番目のパイプを使う頃には、ほぼ空気を吸っているような状態のためタバコを吸いながらも、ニコチン量はほとんど禁煙レベルまで減少させることができます。離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です