離煙パイプの仕組みと注意点

離煙パイプとは禁煙グッズの一種で、タバコを吸いながら少しずつ止めることが出来るように考案された方法です。最大の特徴はタバコを手放すことを強要するのではなく、いつも通りに喫煙をしながら禁煙を成功させようとするところにあります。離煙パイプは、1~31番までの番号が書かれたパイプで構成されているものです。各パイプには番号ごとに大きさの違う穴が開けられていて、パイプ番号が大きくなるにつれて穴は大きくなるように設定されています。

この穴はニコチン摂取量を調節するためのもので、大きくなるほど空気の吸入量が多くなってニコチンの量が減って行く仕組みです。喫煙者はこのパイプをタバコの吸い口部分に取り付け、普段と同じように喫煙します。1日目は1番からはじめて31日目に31番を使えば、本人が意識しなくても少しずつニコチンを摂取する量が減って行き、ニコチンへの依存度が軽くなって禁煙に成功するという禁煙法です。多くの禁煙法がタバコを吸わないことを前提としているのに比べて手軽に取り組め、無理なく続けられるのが長所とされています。

ただ、離煙パイプにも注意すべき点があります。もともと吸っているタバコの銘柄がニコチン含有量の多いものであった場合、31番のパイプを使ってより含有量の低い銘柄に替えて禁煙を達成しなければならない場合があります。また、離煙パイプを使いさえすれば31番のパイプを使ったあとに必ずタバコが吸いたくなくなるわけではないので、本人が禁煙をするという強い意志をもたなければ失敗することもあるでしょう。離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です